美肌には温泉だね

黒部宇奈月温泉駅で降りて、宇奈月温泉郷に泊まった。
長野を出発して、飯山、上越、黒部宇奈月温泉。
そのあとは
富山、新高岡、金沢、福井、敦賀、米原、京都、終点新大阪ということになっている。
そして地鉄の宇奈月温泉駅は秘境駅といわれています。
これは公式サイト
これは宇奈月温泉のホテル紹介サイト
ちなみに地鉄がおすすめしている宇奈月温泉のホテルは宇奈月国際ホテルでした。
あそこはとても大きなホテル。和室も多くてよいかんじ。

さて、宇奈月温泉のホテルは土地が安いからか、ほかに家も増えないからか、すごく広いロビーや大広間を持っているところが多いです。
こどもなんかうれしすぎて走りまくります。
温泉の噴水なんていう贅沢なもんも格別です。
見たことはないが冬は雪上花火なんてロマンチックなイベントもやっているそうだ。
一度は見たいね。
(調べたら2月・3月毎週土曜日に雪の花火大会が行われりとのこと)

そういえば冬の宇奈月といえば宇奈月温泉スキー場というレトロなスキー場がある。

急斜面にリフト1本!
トイレはいったらボットン式。

昭和初期のスキー場ってこんなんだったなあ。
なつかしいなあ。
悪くないなあ。


それはさておき、美肌には温泉だね。
宇奈月温泉の泉質がどうというより、あの幸せ感がからだも心も良くするんだよ。

フィード